手足のしびれは当院へ

初回限定
初回限定

こんなお悩みありませんか?

  • 辛い痛みで毎日苦しんでいる>
  • 朝起きる時が痛くてすぐに動けない
  • 同じ姿勢が続くと動き始めが痛い
  • 長年の症状で生活に困る
  • 病院では手術を宣告された

当院では手足のしびれをこのように改善していきます

筋肉に信号を送っているのは神経です

当院では手足のしびれをこのように改善していきます
痛みや痺れといった症状は身体から出ている危険信号です。
それ以上はダメだと身体が教えてくれているわけです。痛みが出ている時はだいたい筋肉を使っている時で、安静にしていても痛い場合もありますが支える時に筋肉を使っています。
その筋肉に信号を送っているのは神経です。痛みや痺れが出るときは、何らかの理由で神経の伝達が正常に行われていない状態です。身体に指令、信号を出している中枢は脳です。
脳から身体各所に神経を通して信号が送られて様々な感覚を得たり、動かすことができます。脳→神経→筋肉という順番です。脳からの神経伝達の過程でどこかに異常があるので痛みや痺れとして表面に現れます。
なので神経に対するアプローチは必要になります。なのに神経に対する施術をされたことがない方が多過ぎます。ほとんどの治療は筋肉に対する施術です。
ということは神経からアプローチして調整をしていけば筋肉の状態も回復することになります。電化製品で例えると、ボディは直したけど中の配線が切れたり傷んでいれば使い物になりません。
人間も姿勢を整えても筋肉緩めても神経伝達が正常でなければ痛みや痺れは出続けます。当院では神経整体という特殊な施術法で神経と筋肉を調整して改善へと導きます。ご安心ください。
整体と聞くとボキッとしたり痛くされたりというイメージを持つ方もいるかも知れません。神経整体は全く痛くない安全で優しい施術になります。痛みを感じずに症状が改善すれば一番理想的ですよね。

神経整体とは

どこに行っても治らない手足のしびれの原因は、
『神経、筋肉が正常に機能していない』
からです

なぜ良くならないのかと言うと、神経と筋肉が正常に働けない状態になっているからです。
多くの方は、筋肉の施術(マッサージ、電気、ストレッチ)は受けたことがあると思います。
しかし、神経の施術は受けたことがない方が多いです。

筋肉というのは神経の伝達により動くことができます。
いくら筋肉をほぐしても、骨格を矯正しても、首から肩や腕にかけての神経の伝達が正常でないと痛みは改善しません。
当院の神経整体では、神経の伝達を整え、筋肉を痛みの無かった時のように働ける状態に戻すことができる施術です。

当院が選ばれる理由

  1. 整体院で10年以上の経験

    10年以上この業界で経験しており、様々な症状の患者さんを施術しております。
    お身体の事でお悩みであれば当院へお越しください。

    整体院で10年以上の経験
  2. 完全予約制・完全個室

    当院では患者さんとしっかり向き合い、お身体を改善していきたいと思っております。
    完全予約制ですので待ち時間はございません。
    完全個室ですのでゆっくり落ち着いた空間で施術を受けて頂きます。

    完全予約制・完全個室
  3. お話を伺い原因を理解し説明に納得頂いた上で施術します

    いきなり施術するということはありません。
    ヒアリング、カウンセリング、検査、施術と丁寧に対応させて頂きます。

    お話を伺い原因を理解し説明に納得頂いた上で施術します
  4. 全く痛くない優しい安全な施術

    ご安心ください。
    全く痛くない施術法です。整体と聞いてボキッとする矯正やマッサージのイメージを持たれるかもしれませんが、当院は神経整体という特殊な整体をしております。
    痛くない施術でお身体を改善へと導きます。

    全く痛くない優しい安全な施術
  5. 自宅での過ごし方のアドバイスも致します

    症状改善には当院の施術だけでなく自宅での過ごし方も重要になります。
    日々の過ごし方に問題点がないかヒアリングした上で、改善点をお伝えします。
    また、自宅で出来るストレッチや運動のアドバイスも致します。

    自宅での過ごし方のアドバイスも致します
  6. スポーツトレーナーとして現場経験も豊富

    学生野球のトレーナーをしておりますので、現場での経験も豊富です。
    スポーツに対するアプローチが出来るのも当院の強みです。
    身体に関するプロとしてお任せください。

    スポーツトレーナーとして現場経験も豊富
  7. 厚生労働省認定、国家資格保有

    私は柔道整復師、はり師、きゅう師の国家資格を保有しております。
    知識を持った上で施術をしておりますのでご安心ください。

    厚生労働省認定、国家資格保有

初回限定
初回限定

「手足のしびれ」に関わる症状としては

手足のしびれに関わる症状としては
    • 腰椎椎間板ヘルニア
    • 腰部脊柱管狭窄症
    • 頚椎椎間板ヘルニア
    • 胸郭出口症候群
    • 手根管症候群

などがあります

解説いたします

手足の痺れは軽い症状だと生活は送れますが症状が悪化して重度になってくると日常生活にも影響が出るようになります。
食事や歩行などの日常の基本動作、仕事の動作や姿勢にも支障をきたし通常の生活が困難になるケースもあります。

足への痺れは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによって起こりますし、手の痺れは胸郭出口症候群や手根管症候群などがあります。
痺れの症状は回復に時間がかかることが多いです。辛い時間が長引かないようにするためにも早めに対応することをオススメします。

腰椎椎間板ヘルニア
ブロックのように積み重なっている腰椎の間に椎間板と呼ばれるクッションのような役割のものがあります。
その椎間板が仕事などの反復された負担や加齢などによって、潰れて押し出される形になり腰椎から分岐している神経を圧迫して症状が出ます。
腰痛や足にかけての痛み、痺れなど歩くのが困難になることもあります。
腰部脊柱管狭窄症
腰の神経の周りの靭帯や椎体の間にある椎間板がヘルニアとなったり、骨そのものが変形突出したりすることで脊柱管という神経が通っている場所が狭くなってしまうこと。脊柱管が狭くなり中を通る神経が圧迫されて腰や足に痛みや痺れの症状が出てしまいます。
頚椎椎間板ヘルニア
頸椎は7つの骨があり、頸椎の間にある椎間板の組織が壊れて脊髄や神経根が圧迫された状態。圧迫されて飛び出た椎間板が神経に当たると抹消にかけて激痛や痺れが出る。
胸郭出口症候群
首の筋肉、鎖骨、第1肋骨で構成される部位に3つの隙間があり、そこを神経や血管が通過しますが、姿勢の悪化や筋肉の緊張により隙間が絞扼されると神経障害や血行障害が起き、上肢への痛みや痺れなどが出る
手根管症候群
手首には腱鞘という腱や神経、血管が通っているトンネルのような場所(手根管)があります。手首を酷使することで通過している神経が圧迫されて痺れの症状が出るようになります。腱鞘炎が悪化して発症するケースもあるので注意が必要です。

手足のしびれを放っておくとどうなるのか?

手足の痺れは軽度のうちに対応出来れば早期に回復に向かうこともありますし悪化を防ぐことも出来ます。

しかし、発症から時間が経っていたり症状が重度になれば回復までの時間も要します。また生活で支障をきたすケースも増え日常生活を送るのが困難になることもあります。

痺れる症状だけでも辛いですが、さらに悪化すると関節や筋肉の動きが悪くなり麻痺の状態になり自分の思い通りに動かせなくなる可能性もあります。放っておくと以前の生活に戻るのが困難になる可能性もあるので出来るだけ早めに対応する方がいいです。

他では治らない理由

他院でいろんな治療を受けるけど治らない理由の一つはそれです。手足がしびれるからと言って手足だけ治療しても治らない場合、他に問題があるといことです。

なのでその問題を見つけ出し解決していく必要があります。
いろいろ通ったけど改善しなかったという方は多いと思いますが、
今からあげていくことをされたことはありますか?

このようなアプローチを受けておられる方が多いですが、
改善していな方も多いのが現状です。

マッサージや指圧

マッサージや指圧

筋肉を緩めることは大事ですが、マッサージだと筋肉のみのアプローチなので緩んでも時間が経てばまた戻ります。施術後は楽だけどすぐ戻るというのはその典型です。
その場が楽だけでいいのであればそれでいいですが、治したいのであればマッサージでは厳しいです。

また強く押して欲しいとか長く揉んで欲しいという方もいますが、マッサージも身体に対する刺激になります。強いまたは長い刺激を身体に与え続けると徐々に身体はその刺激から守ろうとします。

その結果、筋肉は硬くなってしまいます。マッサージを受け慣れている人ほど筋肉が硬い傾向にあるように思います。

牽引

牽引

圧迫しているものに対して牽引をかけて負担を減らすということなのですが、地球には重力がありますし、そもそも自分の体重があるので時間が経てば戻ってしまいます。

イタチごっこでしかありません。牽引をして骨の隙間を広げれば神経の圧迫が減るというようなそんな単純なものではありません。また、筋肉の緊張が強かったり、関節のズレがある場合、牽引のストレスによって余計に身体を壊す可能性もあります。

緊張している筋肉を外から無理矢理引っ張っていると、筋肉はさらに負荷がかかり悪化してしまいます。
牽引をして余計に症状が悪化したという声も聞きますので注意が必要です。

電気治療

電気治療

マッサージと同じく筋肉を緩める効果はありますが、筋肉は緩んでも時間が経つと元に戻りやすいので効果は薄いです。

症状の原因としては痛みの出ている場所ではない違う場所に問題があることもあります。

痛みのある場所に電気を当て続けても何も変化しないということもあります。

コルセットやサポーター

コルセットやサポーター

使用されている方は多いですが、身体の機能を低下させることに繋がる可能性もあります。
固定すると患部の動きは減り痛みは緩和しますが、原因が解決したわけではありません。

身体を支える関節や筋肉はコルセットやサポーターに依存するので支える力は弱くなってしまいます。
結果、コルセットやサポーターなしでは動けない身体になってしまいます。

また、すぐ固定されることもありますが、それも注意が必要です。
骨折や靭帯損傷などの場合は骨、関節、筋肉、靭帯のバランスが崩れているわけですが、そのまま固定してしまうと崩れたまま固まってしまいます。

それでは固定を外してから問題が残る可能性がありますので、固定するにしてもバランスを調整してからのほうがその後の回復は早くなります。

湿布

湿布

使用されている方も多いと思いますが、湿布だけで治るということはほぼないです。

気休めとして気分的に楽な感覚はあるかも知れませんが、効果は薄いです。貼り続けると肌が荒れるなど皮膚への影響もあるので注意が必要です。

当院では湿布に頼らず根本から治すことが痛みの改善への近道です。

痛み止めの薬や注射

痛み止めの薬や注射

文字通り痛み止めなので治しているわけではありません。止めているだけです。

薬や注射の効果が切れればまた症状は元に戻ります。
痛みは引く場合もあるので治ったと勘違いする人もいます。
あくまで、止めているだけなので傷んでいる場所はそのままです。

ということは、痛みは感じないから動くけど負傷している場所には負荷はかかり続けます。

痛み止めの効果が切れればどうなるかというと、傷んでいる場所を動かし続けているわけですからより悪化している可能性もあるということです。

それでは改善までは程遠くなってしまいます。

初回限定
初回限定
LINEから簡単予約
電話で予約する

症状メニュー


アクセス

神経整体院
LEAD OFF(リードオフ)

〒668-0063 兵庫県豊岡市正法寺字中通 66−2 Ciatr 2F
※右横の外階段を上がると玄関があります

【受付時間】
月〜金:10:00〜19:00
【定休日】 土曜・日曜・祝日
お電話

駐車場:
院の斜め向かいの駐車場に2台分あります。
月曜日は院の前でも可。

整体院リードオフ内観